ビオトープ事業部

 
~Think Globally, Act Locally~
 ビオトープは人と自然が共に生きる場所です。生態系に配慮した土地の利用で失われた生息域や生態系のつながりを回復するビオトープ。
弊社は、県内でいち早くビオトープの専門スタッフをそろえ、事業を展開20年を超えました。
 
豊富な実績とネットワークを通して様々なニーズにお応えします。
 
□ 園庭・学校・ホーム・企業・自治会等
□ ビオトープ全般の環境学習支援・計画・施工・管理
 
 

 
 

施工事例

ひたちなか市常葉台
ひたちなか市内にある常葉台団地に隣接した、長期休耕放置農地を利用し、ビオトープとして完成させました。生物多様性の充実を図るために、小川の造成も行い、休耕田の土壌状況から湿地を整備し、イネを植えるなどして子どもたちの勉強会の場になっています。

 
 

ひたちなか市前渡小学校 ホタルの里
自然を身近に感じてほしいという思いから、PTAを中心にホタルの里が誕生。
子どもたちの活動の場であることも考慮し、安全性を加味した護岸、木道の整備も行いました。
またオオムラサキ、ヘイケボタル、クロメダカなどが自然繁殖できるよう生体の移植も実施しました。

 
 

ひたちなか市長堀小学校 長堀ホタルの里
学校敷地に隣接中丸川緑地の湿地にビオトープを浚渫。木道材料は環境に対して、未処理材を使用し、浚渫土壌も排出しないように配慮しました。毎年実施するホタル鑑賞会には、児童や保護者、地域の方々が多く集まっています。
 

20190728_202146.jpg rimg0084.jpg 20180602_104309_20191023150713693.jpg _dsc0098.jpg img_5938_copy.jpg 06.24_065.jpg img_6039_copy.jpg 20180602_100828.jpg 20190530_140526.jpg


 

お問い合わせ